スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Culture Shock!?

あれよあれよと、9月中旬ですか…。大学の休みももうすぐ終わりです。
夏休み中の被災地旅行についてまとめておきたいけれど、写真を落とせてなくて…(汗

で、今回は少しカルチャーショックについて話そうかと。

友人が一ヶ月の語学留学に行ってきたんですが…やっぱりカルチャーショックに落ちていましたね。
日本の文化を思い切り下にみていました(笑)もちろん、いろんな出会いで視野も大きく広がった様でもあり、うれしいんですけど。

カルチャー・ショックというと、部屋に靴で上がらないとかって話を思いつきますが、実はそうゆうだけでもなく…。

異文化適応には5段階あるとアドラーという方が提唱しました。

Contact…相手の文化に対し、好感を持って接する。

Distress(自己崩壊)…新たな文化に対して戸惑う。心身に疲労も。

Reintegration(再統合)…相手の文化に拒絶感を覚える。

Autonomy(自律)…相手と自分の両方の文化に対し、相対的にみれる。

Independence…両方の文化の良いところをみれる。

といった風なんですが…、実はコレは帰国してからも同じことが起こるんだそうです。
逆カルチャーショックとも言います。

大学で上記の様に習いはしたが、果たしてそうなんですかね…。
日本文化を下にみるのは友人の気質な気がしてしまいます(笑)

なんでも、日本人特有の"グループ意識"(派閥みたいなのが勝手にできあがる)とか、"嘘(ごまかし(?))"とかが嫌なのだとか。
島国として団結せざるを得ず、集団のために細かい個人を犠牲にしてった事からできた風習だとも聞きますから、仕方ない様に思えるのですが…それは別の議論ですね(笑)

にしてもそんなにいいのか海外。ボクはまず日本だな。


(K)
スポンサーサイト

活動停止後

え…えーっと…お久し、ぶり…です。
すごく大学のほうが忙しくて…なんて言い訳はおいといて、お久しぶりです九秋です。

以前に投稿してからはや三ヶ月?…立ちましたね。お元気でしょうか。

個人的に土用の丑でうなぎを食せなかったのがすごい悔いというか…。そんな夏でした。

最近の雨で肌寒くなったために、夏が終わる…そんな寂しさを抱いてしまいます。
普段暑いだのなんだの文句たれまくりですのにね(笑)

そんな夏の終わり。


(K)

心を使う、心を亡くす…

「忙」しいという字は「心」を「亡」くす、と書きます。(とある方の受け売りなのですが。)

なるほど確かに、忙しくあれやこれやをやっているときは不思議と嫌な疲労感があり、精神的に疲れます。

心と言って思いつくのは、唯一単行本を全巻買ってる「テガミバチ」という漫画。
物語において、主人公たちは心を弾薬として思いをこめながら戦いますが、当然心を使うと疲弊し、心を使いすぎると人格を亡くします。

最近、特に自分も心を休ませてる暇も無かった気がします。
できるだけ気をつけていきたいものです。

人生は「いのち」と「こころ」あっての物種だ。(「テガミバチ」第三巻より)

すべての中でボクの一番好きな台詞で、常に心のどこかで意識しています。「こころ」を亡くさないように。
皆様も、どうか、お気をつけて。


(K)

続きを読む

優れた他者

少しばかし、ブロ友となってくださった方のリンク紹介。
以下は、完全にボク目線の独断と偏見による内容紹介です。

ekahamu1 さんのブログ。エカブロ

この方はYoutubeでゲームのプレイ動画を投稿されてます。
MGが好きなボクにとってとてもうれしい。
実況があまり好きじゃないので、かっこよくプレイするようにゲームを疑似体験できるこの人の動画が好きです。


ゴルベーザすずき さんのブログ。ああ言えど余談 こう言えど余談

文章がなんだか読み入ってしまう不思議さ。
結構この人の書かれる文章が好きで、感性(?)というか感じてることが似てたりもして、面白いです。
ボクをひきつけるのは、文章のテーマなのか、文章から感じられる思考なのか。
読んでいて、まるでいつもと違う風を感じてる気分です。


承認してくださってありがとうございました。

文書のプロ目指して

うむ、テーマをアニメでもよかった気もする。
というわけで、前回言ってたような校正でどれだけ変わるか書き比べてみようかな、と。
(校正前はそのまま打ち、校正後はコピペしたものを、編集、校正したものです)

【校正前】
とあるアニメショップで、GW期間中にアマガミというゲームの展示会がありまして、行って来ましたがとても面白かったです。
中身は初期設定の人物相関図、キャラクターそれぞれのラフ画(っていうのですかね、だいたいの体格を定めた)などが展示してあり、写真もOKというもの。
個人的に初期設定ってを見ることがすごく好きです。というのも、初期設定からどう変更があったのかってことを見ることで、ここを削ったんだなとかって見たり。
初期の人物相関図で主要のキャラ相関はほぼ変更がなかったんですが、モブキャラとなってくると、ゲーム内で名前も見ないようなキャラ(といってもボクがストーリー全部見たわけじゃないんで見てないだけかもしれないのですが)も出てくるんですよね。あれ結局会議とかでこのキャラはなしでになるんですかね。

【校正後】
GW期間中にアマガミ*というゲームの展示会がありまして、行ってきたんですが。
*エンターブレイン社の恋愛シミュレーションゲーム。詳しくは検索してもらえれば。結構イラストは現実感があります

初期設定の人物相関図、キャラクターそれぞれのラフ画のようなものなどが展示してあり、写真もOKというもの。個人的には初期設定を見ることがすごく好きで、初期設定からどう変更があったのかってことを見ることで、ここを削ったんだなとかって見たり。
初期の人物相関図で主要のキャラ相関はほぼ変更がなかったんですが、モブキャラとなってくると、ゲーム内で名前も見ないようなキャラも出てくるんですよね。
(といってもボクがストーリー全部見たわけじゃないんで見てないだけかもしれないのですが)

あれ結局会議とかで「このキャラはなしで。」みたいな話になるんですかね。


って感じになって。面白い実験だったな。と。
結構編集しましたね。アマガミがどんなんかわかってもない人にキャラがって言っても何の事かもわかんないでしょうし。あとは、文書の語順とか、装飾とか…。結構読みやすくなったんかな、と。

でもやっぱり短い文章で確実に物事を伝えたほうが相手が読みやすいってのが分かりますので、次回からは短さに気を使ってこうと思うのです(笑)


(K)

続きを読む

来場者数
プロフィール

九秋

Author:九秋
ようこそ。理学部数学科大学生九秋です。

好きなもの:楽しいこと全般。

ブログ内容に関する質問や訂正等、何かありましたらこちらまで↓
kyusyu_featrose☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)
もちろん、気軽にメールしてもらっても良いですよ。

漆黒時計
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
Amazon
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。